トップ / 無乳におすすめの豊胸手術

豊胸手術で無乳解消

無乳におすすめの豊胸手術

無乳の女性におすすめ豊胸手術

「豊胸手術」と言っても、その方法はさまざまです。一番有名なのはシリコンバッグ挿入法でしょう。これは胸の乳腺か大胸筋の下にスペースを作って、シリコン製のバッグを挿入する方法です。

他にもヒアルロン酸を注入したり、体脂肪を集めて注入する方法もありますが、希望どおりにバストアップするなら豊胸手術が最適です。他の方法ではできない1.5カップ以上の豊胸も1回の手術で可能なのです。

シリコンバッグと言えば、手触りが不自然だったり、長年の使用によって胸の中で破れるイメージがありました。最近では「コヒーシブシリコン」が使われ、万が一破れても中身が漏れ出ないようになっているのです。手触りも自然になるように適切な位置に挿入したり、シリコンバッグの大きさを調節してくれます。

もちろんシリコンバッグは乳腺に干渉しないので、出産して赤ちゃんに母乳を与えても安全です。MRIやCTスキャンでは写りますが、レントゲンで肺の検査をする時は写らないとも言われています。かつてのように不安にならなくても、理想のバストアップができると考えても良いでしょう。

ただし確率は5%以下ですが、リスクもあります。例えば術後の内出血や体液の沁み出しです。これらは「ドレーン」と呼ばれる医療器具を、シリコンバッグと傷口の間に入れて排出する方法があります。「ドレーン」を使うクリニックで豊胸手術を受けると安心です。

また、シリコンバッグは体にとって異物なので、多かれ少なかれシリコンバッグの周りに「カプセル」という被膜が作られます。けれどもカプセルが厚くなり過ぎると、シリコンバッグの柔軟性が失われ、バストが硬くなり形もいびつになります。こうなると残念ながら取り出すしかありません。豊胸手術を受ける時には、必ずカウンセリングを通して、このようなリスクがあることを理解しておきましょう。