トップ

豊胸手術で無乳解消

意外といる無乳に豊胸手術

豊胸手術で無乳の悩みを解消

垂れている、離れている、左右で大きさが違う……女性の胸の悩みはいろいろありますが、最も多いのは「小さい」という悩みです。特に30代までの若い女性に多いようです。

実際にどれくらいを小さいと感じるかは人それぞれですが、ある下着メーカーの調査では、男性が望む胸の大きさはBからDが大半を占めていて、実際に女性の胸の7割はこのサイズです。残る2割がEカップ以上のいわゆる「巨乳」で、1割が平均より小さいAカップとなります。

同じAカップの中でもメーカーによってはブラジャーのサイズを細分化しており、最も小さいのが「AAAカップ」で、バストのトップとアンダーの差が約5㎝です。限りなく「無乳」に近い状態と言えるでしょう。

このメーカーでは無乳の成人女性向けのブラジャーをオーダーメイドで販売しており、胸の保護だけでなく存在感を際立たせる工夫をしています。また、無乳であっても子育てには何ら問題はなく、母乳だけで子育てしたお母さんもいるのです。大きな胸を好まない男性もいます。

とは言え、胸の小ささは女性にとって大きなコンプレックスになります。無乳ではなおさらです。視線が気になるあまりファッションが制限されたり、温泉など人前で裸になるのは抵抗があるでしょう。

そんな無乳の女性のために胸を大きくする方法が数多く紹介されています。けれども、確実に希望のサイズにするなら豊胸手術がおすすめです。それ以外の方法は手間がかかる上に、体質に左右されやすく、必ずしも成功するとは限らないからです。

豊胸手術と聞くと抵抗があるかもしれませんが、最近では技術の発達によって安全性が高くて、手触りの自然な胸が簡単に作れます。それで自信が持てたら、明るく前向きな人生が送れるでしょう。次のページからは、無乳を解消する豊胸手術について紹介します。